工程管理研究所

TOP > 工程管理研究所 > 新米班長 いとう君 > 新米班長 いとう君 第6話 夜明け

新米班長 いとう君 第6話 夜明け

再度彼女からカイゼンの講義を受け、カイゼンの本質と具体的な事例を学びます。

登場人物紹介

  • いとう君
    いとう君

    目黒製作所の生産統括課で、新人教育や業務改善、作業の進捗管理をしている新米班長。努力と根性で様々なトラブルを解決してきたものの、そろそろ根本的な業務効率化を進めたいと頭を悩ます27歳。

  • 斉藤さん
    齊藤さん

    いとう君の親友。いとう君は彼女だと思っている。システム開発会社勤務。行動力と実行力に長けている。いとう君は、彼女が具体的にどのような仕事をしているのか実は理解していない。

  • 鈴木さん
    鈴木さん

    いとう君の上司。設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課課長。面倒見は良いが社内では製造現場が強いため、社内的にはどこか頼りないと思われている。

  • 佐藤さん
    佐藤さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課試験課課長。声が大きく、強面だが、意外と、丁寧に現場の作業内容を教えてくれる。

  • 田中さん
    田中さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課製缶課課長。製造現場のリーダー的な存在。

  • 守衛さん
    守衛さん

    目黒製作所の守衛。いとう君が残業が多いため、退勤時になにかと声を掛けられ、顔見知り。

  • 高橋君
    高橋君

    設備機器事業本部 バルブ製造部工務課。いとう君の同期。生産管理担当。

#6 夜明け

齊藤さん

齊藤さん

ごめんねー、遅くなって。

いや、大丈夫だよ、今ここに有るものと後はこれとこれを頼んだよ、飲み物は?

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

じゃ、ビールで。

と言うことで、飲みながら、早速、昨日の話の続きを切り出します。

昨日のさあ、続きで、改善の...

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

あー、そっちか。デートしようって言うから、なんか期待してきたのにね。

ごめん、そうだよね、デートって言ったよね。
でも映画の話も音楽の話も一緒で、ちょっと仕事っぽいけどこういう話もいいかな。と言うよりね。
昨日、目が輝いていたよ。
まぶしいぐらいにね!

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

あはは、そう?

と言いながら、また彼女の目が輝き出しました。

齊藤さん

齊藤さん

実はね、もっと具体的な話をしてあげたかったけど、そのままだとお客さんの仕事内容をばらしてしまうのね。
それだと仕事的に問題があってね。
実は今日上司にどこまで機密扱いなんですか?って聞いたのよ。
そしたら...「改善の話なんで俺も事例で良く話すので大丈夫だよ。」って言われたのよ。
だから、いい話を教えてあげられそう。

ほんとに?いいね!助かります。

いとう君

いとう君

って言いながら、ビールを呑んで、彼女が仕事が楽しくて仕方が無いなんて話を聞きながら、なかなか本題に入らないけど、まあいいかなと。なんか凄く嬉しそうだし、誘って良かったと。

2杯目のビールを呑んだ後に彼女が
なに飲もうかなあ?
って、

齊藤さん

齊藤さん

ビールじゃなくて、日本酒呑む?

と聞かれ、

そうだね。辛口がいいね。もちろん純米酒で、じゃあこれ注文するね。

いとう君

いとう君

と、日本酒がくるのを待って、早速お猪口に注いで、かるくお猪口を合わせて乾杯し、一息ついて彼女がついに話し始めてくれました。

齊藤さん

齊藤さん

作業時間を正確に見積ことは困難って言ってたよね。

本題に入ったんだね。と思いながら、頷きます。

齊藤さん

齊藤さん

計画のための作業時間は、目標時間だから正確では無くても、この時間で出来るはずと言う時間が必要なの。
現場の人からは、実時間では無くてリソースを考慮した時間をリードタイムとして教えてもらうんでしょ?
それは工程管理の基本から外れてしまっているのよね。
工程計画とか、工程設計とか言うんだけど...プロジェクト管理の基本で『パート計算』って聞いたことある?

『PERT計算』でしょ? PERT、CPMとか、パートチャート書いて、最早とか最遅を計算するんだよね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

なーんだ、知ってるじゃん! そこで計算に使用する処理時間というか作業時間はどうするの?

どうするのって、その時間が分からないから、なんか平均したり、余裕時間入れたりとかするんでしょ。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

まあそうだけど、楽観値とか悲観値とか言うんだけどね。私のお客さんは、大手の自動車メーカーで、金型を作っているのね。金型って知ってる?

知ってるよ。バルブの鋳物も金型使ってるしね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

良かった、じゃあその説明は入らないよね。
そのお客さんは改善を上手にやる会社なのね。
だから、計算に使用する処理時間は楽観値というか、この時間でできるはずと言う、非常に厳しい時間を設定するのね。
もちろん、その時間通りには作業ができないんだけど。

えっ、じゃあだめじゃん!

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

まあまあ...

齊藤さん

齊藤さん

まず最初に言っておくけど、納期を守るという話はちょっと置いておいてね。
そのお客さんは、たとえば、3時間の作業を4時間かけて作業したら、目標が3時間だったので、実績の4時間との差の1時間を宝の山と呼ぶのよ。
その1時間は、改善してゼロに近づけるのが現場の仕事というか、改善活動なんだって。
だから、遅れるのは許容してるのよ。なんか凄いでしょ!

えー、そんなのうちの会社じゃ、怒られるよ。全く参考にならないんだけど。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

うふふ...

って笑っているけど、なんか良く分からないけど、馬鹿にされてるんじゃないよね。
多分俺のこと好きだし。

齊藤さん

齊藤さん

はい、話はまだまだ続くのよ!
ちょっともう少し食べようか。

あー、そうだね。

いとう君

いとう君

と言ってメニューを見ながら、

齊藤さん

齊藤さん

これ、いとう君好きでしょ!
私もちょっとは食べられるようになったのよ。

と言いながら、彼女が、牡蠣のオイル漬けと白子とお酒を注文しました。

齊藤さん

齊藤さん

さて

と言って、また彼女の話が始まります。

齊藤さん

齊藤さん

今までの話は、工程計画とか工程設計の話で、スケジュールじゃないのよ。
どこの会社でも、工程計画とスケジュールを一緒に混同して、同時に処理しようとするから、難しくなるのね。
工程計画は、ベストタイム、つまり厳しい目標時間を設定して、リソース負荷の競合を解消するのがスケジューリングでしょ。
いわゆる山積み、山崩しね。
だから、工程計画とか工程設計するときには、リソースのことは忘れて欲しいの。

うん。その工程計画とスケジュールの話は納得できるけど、でもそれじゃ、納期を守れないよね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

今度は、スケジュールの話を聞いてね。
スケジュールとかスケジューリングとか、山崩しとか言われているけど、私のお客さんはね、順序計画って言うのね。

へー、順序計画って?

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

順序計画は、各リソースに対する作業順番を決めると言う事よ。だから順序計画!

あー、なるほど...

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

オーダーとか製番とか呼ばれる受注した作業は、それぞれ工程計画で決めた作業手順が有るよね?
そして、納期があるでしょ。
たとえば工場の中に、一つのオーダーだけが流れていたら、そのオーダーだけやればいいので、かなりの納期余裕が生まれるよね?

そうだね。実際には複数のオーダーが流れているので、作業者や設備が空いていないから、そんなに納期余裕無いけど。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

そうなんだけどね。
厳しい目標時間を設定して、工程計画をするでしょ。
そして、複数オーダーをまとめてスケジュールするでしょ。
前詰スケジュール、正確にはフォワードスケジュールって言うんだけどね。
納期を遵守して、前詰めでスケジュールすることにより、ある程度の納期余裕を確保した状態で、作業指示、つまり順序計画を現場に提示するの。
この状態で納期余裕が無い場合には、納期調整が必要ね。
大抵は、過去の経験則的なリードタイムを考慮して受注しているので、大抵は納期に収まるんだけどね。
ここまで分かった?

分かるよ

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

順序計画っていう言い方は、もっと大事な側面があって、計画した作業順番を守って欲しいのね。

なんで?

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

昔の価値観で、設備稼働率とか意識すると、設備が空いていると、計画と違う作業を実施したりね。
計画通りにやって貰わないと、後工程も影響するし、なにが正常で、なにが異常かも分からなくなるでしょ。
その結果で計画の差し替え、いわゆる再計画も発生するしね。

だいたい分かった、でもリソースとか設備や人の負荷が

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

そうね。負荷が平準化されているかと言えば、されていないかもしれないのね。
納期遵守でスケジュールしているので、どこかのリソースは、過負荷が解消されていないかもしれないんだけどね。
でもそれでいいのよ。
特定のリソースが200%以上とかの負荷状態にあるときは問題なので、残業、休出、休日出勤とかで対応するかもしれないけど、でもグループや係などで集計した負荷をみたら、そんなに大きな過負荷では無いかもしれないし。
そもそも昨日、作業時間を正確に見積もる事は困難。
しかし経験的な工数算出は可能だが、作り直しが発生したり、設計変更が発生する。
と言うことは、事前に予測することは困難でしょ!
って説明したよね。
それにね。1時間、2時間の過負荷を解消するために残業設定したりするシミュレーションなんて、やるだけムダでしょ!
そもそも作業時間が正確じゃ無いのにね。
負荷は見えることが大事なのよ!
負荷が見えれば、対処出来るでしょ!
シミュレーションで何でもかんでもやれるわけ無いのにね。

そうだね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

だから、遅れたり新たな作業が発生した場合には、タイムリーに計画を組み直すしかないでしょ。

なんか分かったような、

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

そう、そのためには進捗状態をタイムリーに把握できないといけないの。

うんうん、その進捗状態って言うのが問題で、設計変更や仕様変更や補正作業が発生した時は、工場の中を駆けずりまわって、どこまで進んだいるかをメモして、また計画を作り直しているんだけどね。
しかも徹夜で!

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

進捗状態の把握は難しいのよ。
理想は、現場作業者や班長とかが、タイムリーに進捗状態を把握してくれる仕組みが必要になるよね。
私のお客さんはね、作業現場の要所要所に端末が有って、そこに作業者が開始や終了、進捗率や残工数を入力してるの。

えー、たいへんだよね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

そうよ。
でも量産工場の様に、センサーで数量をカウントしたり出来ないし。
設定した作業時間が正確ではないでしょ。
10時間の予定作業を5時間作業したからと言って、50%の進捗じゃないよね。

そうだね。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

でしょ。
でも実際に作業している人は、後どのくらいで終わるか解るよね。
だから残りの時間を入れてもらうの。
残工数って言うんだけどね。
その日に作業を開始して、その日に終了するときは、いらないけどね。
明日も作業の続きがあるときは、残工数とか進捗率とかで補正してもらうの。

そんなの入力してくれるかな、現場の作業者にお願いできそうにないな。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

あれー? だって、頻繁に計画変更が発生して、その度に現場の人から次は何やるんだよ。
とか現場の人に現物確認をお願いしたりとか、現場も毎回困ってるんだよねー。
って言ってたけど?

うん。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

だから、毎回みんなあたふたするのはイヤでしょ。
だったら、進捗の見える化って言うんだけど。
なにが何処まで進んでいるか一目瞭然になったら、計画変更も直ぐに出来るでしょ。
会社としては、ムダな時間が無くなるはずだけどね。
それに比べたら、実績や進捗報告する時間なんて何分もかからないでしょ。
現物確認したり、進捗確認したりする時間ってどのぐらいかかるか分かってんの?。
私たちの仕事も必ず報告書書いたりするでしょ。
ほんとにこんな簡単な事ぐらいちゃんとやって欲しいのよね。
って、
あっ、ごめん、
別のお客さんの愚痴ぽいこと言ってしまった。ごめんなさい。

途中から話に熱がこもっっていたので、なんか私の理解が悪くて、怒っているのかと思いましたが、違ってました。

解った。
要点をまとめると、前詰めで計画をする。
負荷の見える化が出来ていれば、少々の負荷オーバーは気にならない。
作業は遅れてもいい。
でも、現場で、作業順番を変えてはいけない。
現場は、タイムリーに進捗報告をする。
この仕組みを短いサイクルで運用する。
でいいかな。

いとう君

いとう君

齊藤さん

齊藤さん

まあまあ解ったみたいね。

  • 製造業の工程管理 計画立案と見える化
  • 工程管理のビギナーズガイド資料

    製造業の工程管理

    計画立案と見える化

    業務効率化のカギは「工程管理」

    ダウンロードはこちら

個別受注・多品種少量生産特化した
生産スケジューラ工程管理システム
DIRECTOR6(ダイレクターシックス)

まずはお気軽にご相談ください!