工程管理研究所

TOP > 工程管理研究所 > 新米班長 いとう君 > 新米班長 いとう君 第3話 生産管理の前提が無い…

新米班長 いとう君 第3話 生産管理の前提が無い…

いとう君が日々の残業から抜け出すために工夫した結果、製造工程の大幅な改善に結び付き、最終的にコスト・リードタイムともに半分近くまで削減していく汗と涙の青春物語!

生産統括課にて、生産管理と生産計画を担当することになった新米班長いとう君が日々の残業から抜け出すために工夫していく姿を見守り続ける連載です。
製造工程の大幅な改善、コスト・リードタイム半減を目指す、若きいとう君の汗と涙のサクセスストーリー。いとう君の努力の日々を彼の独白で綴っていきます。

登場人物紹介

  • いとう君
    いとう君

    目黒製作所の生産統括課で、新人教育や業務改善、作業の進捗管理をしている新米班長。努力と根性で様々なトラブルを解決してきたものの、そろそろ根本的な業務効率化を進めたいと頭を悩ます27歳。

  • 斉藤さん
    齊藤さん

    いとう君の親友。いとう君は彼女だと思っている。システム開発会社勤務。行動力と実行力に長けている。いとう君は、彼女が具体的にどのような仕事をしているのか実は理解していない。

  • 鈴木さん
    鈴木さん

    いとう君の上司。設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課課長。面倒見は良いが社内では製造現場が強いため、社内的にはどこか頼りないと思われている。

  • 佐藤さん
    佐藤さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課試験課課長。声が大きく、強面だが、意外と、丁寧に現場の作業内容を教えてくれる。

  • 田中さん
    田中さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課製缶課課長。製造現場のリーダー的な存在。

  • 守衛さん
    守衛さん

    目黒製作所の守衛。いとう君が残業が多いため、退勤時になにかと声を掛けられ、顔見知り。

  • 高橋君
    高橋君

    設備機器事業本部 バルブ製造部工務課。いとう君の同期。生産管理担当。

あらすじ

何時までもこのままの仕事のやり方ではいけないと思い、生産管理の仕組みを勉強しようと社内の別の部門へ訪問し、話を聞くことができたが、自分の部門は、生産管理の前提が無いと言われ、全く使えない事が分かり、さらに落ち込むことに。

しかし、その夜、やっと彼女と食事が出来ることになり、その席で「別の管理手法」の話を聞くことに。

#3 生産管理の前提が無い…

2日連続の残業から、今日も早朝出社。

また、現場をまわり、昨日の作業計画表を提示してまわり、自分の机でコーヒーを一杯。

8時前に課長が出社してきました。

さっそく、課長に昨日、考えていたことを相談します。

いとう君

いとう君

課長、おはようございます。
ここ2日連続の進捗確認や、作業計画表の再作成業務で、実は考えていることがあるのですが、バルブを作っている部署では生産管理システムを使って、進捗確認や作業指示を実施しているようですね。
なぜうちの部署では使えないのか、それとも使えそうなのか、ちょっと、聞きに行ってきたいのですが、いいでしょうか?

よし、勉強してくるのはOK。
じゃなー、あっちの課長に電話しておくか。

鈴木さん

鈴木さん

いとう君

いとう君

いえ、大丈夫です、実は同期がその担当なので、そいつに聞いてこようと思ってます。
今日、午前中も結局、新人指導が無いので、いまから行っていいですか。

よし、行ってこい。
なんかあったら、内線で呼ぶから、午前中いっぱい聞いてこい。

鈴木さん

鈴木さん

いとう君

いとう君

有り難うございます。
では行ってきます。

工場の中庭を横切り、ひときわ大きい建屋を目指します。

フォークリフトが頻繁に出入りしている横を通り過ぎ、工場内の現場事務所に向かいます。

なぜか、こちらの工場は、私の職場よりもきれいです。

現場事務所で、パソコンを見つめている同期の高橋君を見つけました。

いとう君

いとう君

よー高橋君、ちょっといいかな。
生産管理の仕組みを勉強しに来たんだけど、午前中、ちょっと横で、作業を見ててもいいかな。
仕事の邪魔にならないようにしてるから、あまり仕事の邪魔をする気は無いんだけど、できれば、簡単に説明しながら作業してくれると、たすかるんだけどなー。

いいけど、どうしたんだよ。
いつも忙しくしてるのに。
今日はそんな時間があるんだ。

高橋君

高橋君

いとう君

いとう君

いやー、実は、2日連続で深夜勤務してね。
その原因が仕様変更対応と現場でのおシャカなんだよ。
2日連続で、工場中の現物探して、進捗チェックして、作業計画表を書き直してさー。

そりゃー、たいへんだー。
こっちはすべて、システム対応してあるからね。
今はやりの「見える化」だよ。
だいたいこの端末を見てれば、製造現場の状況がわかるんだよ。

高橋君

高橋君

といいながら、高橋君は周りを見渡し、近くにだれもいないことを確認し、

高橋君

高橋君

内緒だけど、実は、今、あんまり忙しくないんだよ。

と笑いながら言っています。

高橋君

高橋君

まー、なんでも聞いてよ。

ということで、色々と説明を聞きました。

高橋君の説明を要約するとこうです。

日々営業からくる受注情報をオーダとしてシステムに入力。

オーダには製品の属性が設定してあるので、その製品マスターから部品表を参照し、手配品の手配が行われる。

社内工程に関しては、手配品の納期と連動して、作業手順が部品表から自動生成され、生産スケジューラと呼ばれるものに登録され、前日までに収集された実績を反映して、スケジューリングが行われる。

スケジューリング結果から自動的に在庫引き当てと在庫補充の計画も立案される。

製造現場への作業指示は、POPと呼ばれるシステムに本日の生産目標数量が表示され、製造現場では、定期的に、生産数量を実績として、バーコードリーダを使用し、生産品目をスキャンして、製造数量を入力しているのだそうです。

なんとなく、便利だということはわかりました。

たしかに、これなら、今現場でどの製品がどのぐらい生産されている。在庫がどれぐらいある。など状況が把握できます。

ただし、自分の部署で使用するには、問題がありそうです。

いとう君

いとう君

高橋君、うちの部署は、規格品じゃないので、製品属性や部品表がないんだけど。
受注後に、毎回現場の課長、職長と打ち合わせして、作業手順や作業工数の見積もりをしてるんだよ。
また、作業している途中で、設計変更や再作成など、作業手順がころころ変わるんだよね。

ちょっと待ってくれ、いとう君。
いま部品表がないって言ったよね。

高橋君

高橋君

いとう君

いとう君

あー、そうだよ。
うちの部署は、一品一様の製品を受注生産しているので、設計が終了しないと購入品の手配もできないし、作業内容もわからないんだよ。

いとう君、そりゃ、生産管理の前提が無いって事だよ。
部品表が定義できないと生産管理システムは使えないよ。

高橋君

高橋君

  • 製造業の工程管理 計画立案と見える化
  • 工程管理のビギナーズガイド資料

    製造業の工程管理

    計画立案と見える化

    業務効率化のカギは「工程管理」

    ダウンロードはこちら

個別受注・多品種少量生産特化した
生産スケジューラ工程管理システム
DIRECTOR6(ダイレクターシックス)

まずはお気軽にご相談ください!