工程管理研究所

TOP > 工程管理研究所 > 新米班長 いとう君 > 新米班長 いとう君 第5話 夜明け前

新米班長 いとう君 第5話 夜明け前

いとう君が日々の残業から抜け出すために工夫した結果、製造工程の大幅な改善に結び付き、最終的にコスト・リードタイムともに半分近くまで削減していく汗と涙の青春物語!

前回は齊藤さんが製造業の業務改善に関する仕事をしていることが判明し、色々と教えてもらいました。

第4話「Kaizen」はこちら

登場人物紹介

  • いとう君
    いとう君

    目黒製作所の生産統括課で、新人教育や業務改善、作業の進捗管理をしている新米班長。努力と根性で様々なトラブルを解決してきたものの、そろそろ根本的な業務効率化を進めたいと頭を悩ます27歳。

  • 斉藤さん
    齊藤さん

    いとう君の親友。いとう君は彼女だと思っている。システム開発会社勤務。行動力と実行力に長けている。いとう君は、彼女が具体的にどのような仕事をしているのか実は理解していない。

  • 鈴木さん
    鈴木さん

    いとう君の上司。設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課課長。面倒見は良いが社内では製造現場が強いため、社内的にはどこか頼りないと思われている。

  • 佐藤さん
    佐藤さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課試験課課長。声が大きく、強面だが、意外と、丁寧に現場の作業内容を教えてくれる。

  • 田中さん
    田中さん

    目黒製作所の設備機器事業本部 圧力容器製造部 生産統括課製缶課課長。製造現場のリーダー的な存在。

  • 守衛さん
    守衛さん

    目黒製作所の守衛。いとう君が残業が多いため、退勤時になにかと声を掛けられ、顔見知り。

  • 高橋君
    高橋君

    設備機器事業本部 バルブ製造部工務課。いとう君の同期。生産管理担当。

あらすじ

カイゼンの糸口はあるのか?

現場へ行き、工程管理のヒアリングを始めました。

#5 夜明け前

昨日の彼女の話の内容を参考にし、少しずつ実践していこうと思い、今日も朝早くから出社です。

業務開始前に、現場に行き、佐藤さんにカイゼンの糸口があるのか、また、計画業務は楽になる可能性があるのか、ないのか?
確認しておきたいと思っています。

7時45分、ぴったり課長が来ました。こちらをちらっと見て、現場事務所でたばこに火を付けます。

佐藤さん

佐藤さん

今日は何だ。
トラブルは聞いてないなー。

はい、実は、工程管理をシステム化したくて、ちょっとお話を聞かせて頂こうと思いまして。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

ふーん。

ただ、工程管理をシステム化しますと言っても、予算も出ないと思うので、予算化するためには、費用対効果のような稟議資料を作りたいのですが、それで、先ずは課長にお聞きしたいことがありまして。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

そりゃ、大変だな。
めんどくさいことをやりたいのか。

設計変更やトラブル時の対応を、まー、計画変更時に迅速に対応できるようにしたいと思いまして。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

はー?そりゃー、おまえが早く帰りたいってやつか。

そうです。
そうなんですけど、ちょっと勉強したんですが、計画変更時以外にも、工程の進捗状況を把握したり、工場内の負荷を把握することで、中長期の計画の精度を上げて、いわゆる工場の最適化のようなことができて、結果、オーダ毎のリードタイムが短くなって、生産性が上がったり、すぐにはそんなにうまくいくわけ無いとは思っていますが、徐々にですね。

いとう君

いとう君

課長はピンと来ていないような顔だ。ちょっと気を取り直して、

えーと。
もっと簡単に言うと、みんな毎朝、計画表を見ながら現物を確認しながら、今日はこっちをやってとか、昨日の続きをしようとか、相談しながら作業してますよね。
夕方は、みんな図面を見ていたり、なんども資材の有無を確認したり、計画表に進捗を書き込んだり...うまくいえませんが、昨日バルブの建屋に行ったのですが、ここと時間の流れがちがうというか...

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

そりゃーおまえ、バルブは数週間でできるけどな、こっちは何ヶ月もかかるものを作ってるんだ。
おまえからみりゃ、時間の流れが違うのは当たり前だろ。

日々の進捗がどこからでも見えて、その進捗と連動して日々計画が更新されれば、生産性は上がりますよね。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

あたりまえだろ!それがおまえの仕事だろ。
毎日、おまえが滞りなくだな、的確な指示というか計画をだせばいいんだよ。

なんか、かみ合っていないようです。

佐藤さん

佐藤さん

計画がころころ変わるから、仕掛かっていたものをどけたり、おまえ、あれ動かすのにどれぐらいかかると思うんだ?

そうなんです。ここは作業場所の確保も重要です。

複数のオーダを同時進行させようとすると何度も製品を移動することになり、それだけでかなり無駄な時間が発生します。

いや、それは知ってますよ。
2時間ぐらいですよね。
外に出す場合には、半日かかりますよね。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

あー、それは知ってるんだな。
いま外で野ざらしになっているやつが、3台もあるだろ。
あれを1台再開するのに、1日はかかるぞ。再検査とかあるしな。

いや、いろいろ難しいとは思うんですが、まだ課長には相談していないんですが、システム化のための費用対効果として、リードタイム短縮、イコール、生産性アップを目指して、上申できればと思っているんですよ。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

まぁー、俺たちが毎日、進捗確認したり、ものを探したりしなければ、2割は縮まるだろう。
リードタイムがな!
正直、1台だけ製造したら、今のリードタイムの半分でできると思うけどな。

えーそんなに、だって、いま言われているリードタイムは、1つのオーダだけ見てもそんなに短くないですよ。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

あー、そりゃーおまえ、こっちだって、ここはあいつしかできないとか、作業の順番だって、おまえ、あそこの渡辺班長が2人いれば、前と後ろを同時に検査したりできるしな。
そうゆうことを考えて、おまえに工数をわたしてるんだよ。

そうゆうことですかー。そうですよね。
こっちは、作業者のことまで把握できないですしね。
ということは、こちらで作業者のことまで把握できれば、もっと的確な計画ができるということですよね。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

だから、それが、おまえの仕事だろ。
こっちは、毎日、急ぎのものばっかりくるから、結局できる人に作業をたのむわな。
こんなんじゃ、いつまで経っても作業者の教育の時間がとれないしな。

うーん...悪循環というか問題だらけですね。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

おまえなー、人ごとみたいにいうなよー。
おまえは若いんだから、そこをなんとかするのも仕事だろうが!
時間があれば、こっちももっと現場を片付けて、潜水艦の2,3台作業できるスペースを確保したりできるんだけどな。
こー忙しくっちゃなー。それにこの不景気だからな、会社もとれるだけ受注したって感じだしな。

なんか、カイゼンする余地がほんとにあるんですね。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

はー、なにをいってるんだ。当たり前だろ。
おまえは、何年この仕事やってるんだ!

すみません。
もう3年やってます。。。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

そういや、おまえ班長になったんだよな。
それなりの仕事をしてもらわないとな。
まー、いつも夜遅くまでがんばってるみたいだけど、がんばってますの姿勢はいいけどな。それなりの成果ってやつをださないとな。

そうですよね。
これから、成果を出すために、システム化としうか、カイゼン活動をやっていきたいなー、と思って、ちょっと相談させて頂きました。
さっそく、今日の夕方の生産会議で、提案したいと思っているんですよ。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

そこまで大々的にやるんだったら、応援するけど。
おまえのとこの課長も昔おなじようなことをやって、あまり成果が上がらなかったけどな。

そうなんですか?
いつごろのことですか?

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

5、6年前だなー。
まーでも、作業予定表はわかりやすくなったんだよ。
その前なんて、1週間先の予定表と、月単位の予定表だけだったんだからな。

そうなんですか?まずは、事務所に戻って、うちの課長に相談してから出直してきます。
すみません。
いろいろ有り難うございました。

いとう君

いとう君

佐藤さん

佐藤さん

おー!まあ、がんばれよ。

気を取り直して、課長のところに戻り、先ほどと同じ話をしましたが、

鈴木さん

鈴木さん

工程管理したかったけど、なにが何処まで進んでいるか、結局現場に行かないと分からないので、色々あったけど、計画表を見やすくしたりとかで終わったんだよ。

とあっさり言われました。

今日は、何事も無くこの分だと定時で上がれそうです。
どうしても、今日も彼女に会いたくて、電話してみました。

いとう君

いとう君

もしもし、今日も早く上がれそうなんだけど、デートしよう!

あはは
って笑われましたが、いい兆しです。彼女があははと笑ってくれるときは、機嫌がいい証拠です。つかの間の沈黙の後、

いいよー

齊藤さん

齊藤さん

いとう君

いとう君

じゃあ、食事できる所予約しておく~。決まったら電話するよ!

はい

齊藤さん

齊藤さん

と言うことで、今日も課長に定時に上がりますと告げて、会社の門を出たところでお店に電話し予約しました。

今日も彼女より先にお店に着いて、今日は先にビールと食事もオーダーしておきました。 結構遅れて彼女がやってきました。

  • 製造業の工程管理 計画立案と見える化
  • 工程管理のビギナーズガイド資料

    製造業の工程管理

    生産形態による管理の違い

    業務効率化のカギは「工程管理」

    ダウンロードはこちら

個別受注・多品種少量生産特化した
生産スケジューラ工程管理システム
DIRECTOR6(ダイレクターシックス)

まずはお気軽にご相談ください!